堀田冷蔵株式会社では職場意識改善計画を掲げ、仕事と生活の調和の実現へ向けて職場環境改善に日々取り組んでおります。 この職場意識改善計画は年次有給休暇の取得の促進や所定外労働時間の削減等を行うなどして労働者の勤務環境の着実な改善を図るものです。 当社では経営者、社員が一体となり社員の生活と健康に配慮をして職場環境をより良いものとするよう真摯に取り組んでおります。



1 実施体制の整備のための措置

@労働時間等設定改善委員会の設置等労使の話し合いの機会の整備
(1年度目)
事業所内における労使話し合いの機会を確保するために「労働時間設定改善委員会」を設置する。構成員は代表取締役、職場意識改善担当者、全社員で構成する。
(2年度目)
労働時間設定改善委員会の定期的な開催を実施する。この委員会においては年次有給休暇の取得状況確認や所定外労働の実態把握に努め職場意識改善に向けた活動を推進する。

A労働時間等に関する個々の苦情、意見及び要望を受け付けるための担当者の選任
(1年度目)
職場意識改善担当者を1名選任する。同担当者が労働者から労働時間等に関する意見、要望を聞き取り職場意識改善計画の推進に役立てる。
(2年度目)
職場意識改善担当者の労働者への周知徹底を図るとともに労働者からの要望を受け付けやすい体制の整備を図る。

2 職場意識改善のための措置

@労働者に対する職場意識改善計画の周知
(1年度目)
職場内の労働者に対して職場意識改善計画の周知を図るためポスターの掲示や社内回覧を行う。
(2年度目)
職場意識改善計画への取り組みの現状をまとめた社内文書や労働時間設定改善委員会の議事録の回覧を行い全社的な取り組みを図っていく。

A職場意識改善のための研修の実施
(1年度目)
労働時間の改善に向けた職場意識改善の必要性について社員への周知を図るため職場意識改善のための研修会や説明会を開催し社員に対する同計画の理解と周知徹底を図る。
(2年度目)
前年の研修結果、管理職等の理解度を踏まえて、外部講師を招いた研修会を実施し、社内の職場意識改善を更に図る。

3 労働時間等の設定の改善のための措置

@年次有給休暇の取得促進のための措置
(1年度目)
年次有給休暇の取得促進のため同休暇の「計画的付与制度」の導入を行う。その為に個人別の管理簿や「職場のルール」の規定や労使協定の締結を行う。
(2年度目)
年次有給休暇の計画的付与制度について労働者への周知徹底を行い消化ができていない者については本人や上司からヒアリングを行い取得率向上を図る。

A所定外労働時間削減のための措置
(1年度目)
職場意識改善計画の周知により労働時間に対する意識改革を行うと共に所定外労働時間を削減する対策として毎週水曜日をノー残業デーとして設定し所定外労働削減に努めていく。
(2年度目)
初年度の取り組みを継続しながら労働者個人の仕事内容の点検を行い必要に応じて採用も行い更なる所定外労働の削減に努める。

B労働者の抱える多様な事情及び業務の態様に対応した労働時間の設定
(1年度目)
業務の実態や労働者の事情等を考慮した上で適切な労働時間制の導入を行う。初年度は制度導入にむけた現状の分析、労使協定の締結などを行う。
(2年度目)
初年度の取り組みを継続しつつ労働者個々の事情に応じて遅出出勤や早退制度を業務の支障がでない範囲で実施し労働者の要望に柔軟に応えていくものとする。